レポートの定義

レポートは、主題またはトピックについて実施された調査または研究に固有のすべてのデータがダンプされた文書です。レポートの前には常に調査タスクがあります。一方、報告書の使命は、調査中の事実について、誰か、上司、私たちを雇った会社などに知らせることです。

このタイプのテキストの最も注目すべき点は、その構造と形式が最も多様な分野で使用される可能性が高いため、それを特徴付ける多様性です。つまり、レポートは、それから遠く離れた1つの分野の独占的な作品ではありません。それは、情報、とりわけ研究後に得られた結論を伝達する必要があるときはいつでも、無数の分野と状況で使用することができます。

医学、政治、正義、経済学、メディアなど、私たちが最も交流している分野の中には、日常業務でレポートを最もよく使用している分野があります。

診断を裏付けるために、私たちが腹痛について相談する医師は、腹部超音波検査を行うために私たちを送るかもしれません。一方、この種の医療行為には、画像に表示されているすべてのことを説明するレポートが常に付属しています。

得られた結果を解釈するために、超音波画像とレポートの両方を医師に提出する必要があります。

科学はまた、あるトピックに関するいくつかの実験の集大成の後にレポートを使用して、発見の詳細、発見と結論を達成するために続いたフェーズを正確にダンプする傾向があります。

正義としては、この報告書が弁護人や検察官によって広く使用されており、次の事件について自らを発行する責任を負う裁判所または裁判官の前で告発または弁護に関連する問題を明らかにしています。

他の文書や書かれたテキストと同様に、レポートは通常、次の部分で構成されています:使用されるカバー-インデックス-紹介-開発-結論-参考文献。