感情の定義

さまざまな種類の感情が見え、皮膚が深い人または状況は、感情的なものとして分類されます。感情は肉体的現象と精神的現象の両方であり、したがって、そのようなイベントは必ずしも個人が自発的に管理および測定できるとは限らず、感情部門が個人に対してより大きな影響力または力を発揮する人格をもたらすことを理解することが重要です。行動の合理的なセクター。

感情の状態が由来する感情という言葉はラテン語に由来し、「動く」、「行動を起こす」を意味します。ここで、感情とは、行動や行動に影響を与える特定の種類の状況や現象に対する個人の生物学的および心理的反応であると言えます。感情の生成は脳から始まり、肉眼で見える特定の変化(喜びの笑顔、恥の赤面、怒りの眉をひそめる、悲しみの涙など)や、表現、方法によって明らかになります。より包括的な行動や態度に対応する行動と対応。

多くの専門家にとって、感情は単なる反応ではなく、個人の周りで起こっているかもしれない変化への適応の方法でもあります。明らかに、この適応はほとんどの場合非自発的であり、特定の感覚や思考への即時の応答として数千分の1秒で発生します。

したがって、感情的な人とは、感情と感覚が継続的に表示されることを特徴とする人です。多くの人は合理的、論理的、感情的な人格を発達させることができますが、他の人格(遺伝、個人の歴史、成長して住む空間などの要素による)は特定の現象に非常に敏感であり、すぐに解放されます。感じ。多くの場合、そのような感情は自発的ではありませんが、目に見える症状を測定または中和することができずに発生します(たとえば、顔を赤らめたり、泣いたり笑ったりしたとき)。